追跡と敗戦処理について

こんにちは。今回は珍しく私の投資手法について取り上げたいと思います。
大まかな投資手法全般は、この記事で纏めているのですが、本記事では、FXのメイン手法として採用している「通貨分散型手動トラリピ」のルールである「追跡」と「敗戦処理」について少し詳しく書いてみようと考えています。

なぜいきなりこんなことを書こうと思ったかというと、多くの読者からのリクエストにお応えして・・・という訳では全くなく、ただ単に現時点でルールをしっかり定義できていないので、文字にすることで曖昧なところを少しでもなくしたいと考えたからです。あとは、自分でもルールがよく分からなくことがあるので、備忘録としてですかね。
私の投資手法に興味がある人が地球上に存在しないことくらい、さすがの私でも理解しているつもりですので、どうかご安心ください。つまり独り言のようなものですので、読み飛ばしていただくことを推奨いたします。

では早速、本題に移りたいと思います。まず、分かりやすくするために、具体例をあげてみます。
<前提>
・以下の通り、トラリピ用でIFD注文を入れているとする。
注文1:AUD/JPY 85.000買い 86.000売り
注文2:AUD/JPY 84.000買い 85.000売り
注文3:AUD/JPY 83.000買い 84.000売り
注文4:AUD/JPY 82.000買い 83.000売り
注文5:AUD/JPY 81.000買い 82.000売り
注文6:AUD/JPY 80.000買い 81.000売り


まずは、追跡について。
<追跡>
過去の手法説明の記事によると、以下のように説明しています。

3.トラリピ範囲切上げ判断ポイント
・1本目の注文の決済レートと現在のレートに3円(0.03ドル)以上の差が生じた場合、1本(1円/0.01ドル)分トラリピの範囲を切り上げることとする。 なお、敗戦処理用の注文に関しては、原則切上げは行わない。


・・・訳分からないですな。正直書いた私でさえよく分かっていません。。書いた瞬間は分かっていたんだとは思うのですが。。

まぁ簡単にいうと、トラリピのレンジからレートが正の方向(買いの場合は高値、売りの場合は安値)に大幅に外れた場合に、現在のレートに向かってレンジをずらしていきます、ということですね。
上記の例の場合、トラリピのレンジは80.000~86.000(AUD/JPY)となりますが、レートが89.000(AUD/JPY)以上になった場合に、レンジを1円分切り上げる、つまり現在のレートに向かって「追跡」するということです。

◎追跡発動例
レートが89.000(AUD/JPY)以上になった場合
※1本目の注文の決済レートと現在のレートに3円(0.03ドル)以上の差が生じた場合
ポジション:なし

設定内容(赤字部分)
注文1:AUD/JPY 85.000買い 86.000売り
注文2:AUD/JPY 84.000買い 85.000売り
注文3:AUD/JPY 83.000買い 84.000売り
注文4:AUD/JPY 82.000買い 83.000売り
注文5:AUD/JPY 81.000買い 82.000売り
注文6:AUD/JPY 80.000買い 81.000売り⇒86.000買い 87.000売り
※1本(1円/0.01ドル)分トラリピの範囲を切り上げる

つまり、トラリピのレンジを80.000~86.000(AUD/JPY)から81.000~87.000(AUD/JPY)に1円分切り上げるということです。
結果、現在のレートとの乖離を小さくして、機会損失を少しでもなくすことを目的としています。
もちろん、レートが90.000(AUD/JPY)以上になった場合は注文5を、91.000(AUD/JPY)以上になった場合は注文4を同様に切り上げていき、一定以上乖離が発生しないようにします。


さて、たまには無駄話を挟まずちゃかちゃか行きましょう!次は敗戦処理について。
<敗戦処理>
例の手法説明の記事によると、以下のように説明しています。

2.敗戦処理への切り替え判断ポイント
・特定通貨ペアの建玉数量が全て注文済みで未決済状態になったら、その通貨ペアに関してはそれ以上のトラリピは中断。(他の通貨ペアはそのまま続行。)
・下位2本(全部で6本の場合は5本目、6本目)の注文は敗戦処理に使用する事とし、両ポジションでの抱合せ決済を目指すこととする。
・最下位(含み損最小のポジション)の注文の建玉レートと現在のレートに3円(0.03ドル)以上の差が生じた場合、他の通貨ペアによる「蓄積型抱合せ決済」を用いた敗戦処理に移行する。
・未決済状態のポジションが復活したらトラリピ再開。


・・・うーん、これはますます分かりませんな。正直書いた私でさえさっぱりなんですけど。。書いた瞬間の自分自身に問いただしたい、ほんとに理解して書いているのか、お前は!

まぁ何とか翻訳してみると、トラリピのレンジからレートが負の方向(買いの場合は安値、売りの場合は高値)に大幅に外れた場合に、負けを認めて被害縮小のためにポジション決済に動いていきます、ということですね。
なお、驚くべきことに、敗戦処理はその悲惨さ具合に応じて2つのフェーズに分かれており、、

上記の例の場合、レートが80.000(AUD/JPY)以下になった場合に敗戦処理<フェーズ1:通常型抱合せ決済>に移行し、レートが77.000(AUD/JPY)以下になった場合には敗戦処理<フェーズ2:蓄積型抱合せ決済>に移行することになります。

◎敗戦処理<フェーズ1:通常型抱合せ決済>発動例
レートが80.000(AUD/JPY)以下になった場合
※特定通貨ペアの建玉数量が全て注文済みで未決済状態
ポジション:
ポジション1:AUD/JPY 85.000買い 86.000売り
ポジション2:AUD/JPY 84.000買い 85.000売り
ポジション3:AUD/JPY 83.000買い 84.000売り
ポジション4:AUD/JPY 82.000買い 83.000売り
ポジション5:AUD/JPY 81.000買い 82.000売り
ポジション6:AUD/JPY 80.000買い 81.000売り

設定内容(青字部分)
ポジション1:AUD/JPY 85.000買い 86.000売り
ポジション2:AUD/JPY 84.000買い 85.000売り
ポジション3:AUD/JPY 83.000買い 84.000売り
ポジション4:AUD/JPY 82.000買い 83.000売り
ポジション5:AUD/JPY 81.000買い 82.000売り ⇒81.000売り
ポジション6:AUD/JPY 80.000買い 81.000売り

つまり、ポジション5の利益を犠牲にしてでも決済されることを優先し、ポジション6と同じ81.000での抱合せ決済を目指すということです。晴れてポジション5とポジション6の抱合せ決済に成功した場合は、

ポジション1:AUD/JPY 85.000買い 86.000売り
ポジション2:AUD/JPY 84.000買い 85.000売り
ポジション3:AUD/JPY 83.000買い 84.000売り
ポジション4:AUD/JPY 82.000買い 83.000売り ⇒81.000売り

注文5:AUD/JPY 79.000買い 81.000売り
注文6:AUD/JPY 80.000買い 81.000売り

上記のように注文5と注文6を立て直し、ポジション4との抱合せ決済を目指します。
なお、注文5と注文6の新規注文が指値にささるまでは、敗戦処理の発動条件である「特定通貨ペアの建玉数量が全て注文済みで未決済状態」を満足していないので、通常のトラリピを継続します。つまり、トラリピのレンジを80.000~86.000(AUD/JPY)から79.000~86.000(AUD/JPY)に1円分切り下げるようなものだといえそうです。

晴れて、ポジション4との抱合せ決済に成功した場合は、注文4、注文5、注文6を「78.000買い 81.000売り」、「79.000買い 81.000売り」、「80.000買い 81.000売り」でそれぞれ立て直し、次はポジション3との抱合せ決済を目指す・・・以後、その繰り返しです。


ただ、このように都合よく推移することは滅多になく、多くの場合は敗戦処理が完了するまでにレートが77.000(AUD/JPY)以下まで下がってしまうことでしょう。そのような場合は、、

◎敗戦処理<フェーズ2:蓄積型抱合せ決済>発動例
レートが77.000(AUD/JPY)以下になった場合
※最下位(含み損最小のポジション)の注文の建玉レートと現在のレートに3円(0.03ドル)以上の差が生じた場合

このような悲惨な状況に陥った場合は、最終手段である「蓄積型抱合せ決済」を目的とした敗戦処理フェーズ2に移行します。
しかしですね、この「蓄積型抱合せ決済」・・・。地球上の誰一人として内容に興味を持っていないにもかかわらず、ルールが無駄にややこしく説明が面倒なのです。。という訳で、「蓄積型抱合せ決済」のルールに興味があるという宇宙人顔負けの特異な思考をお持ちの方はこのあたりの記事を参照してください(笑)


という訳で、久々に私の投資手法の説明をしてみたのですが、いかがでしたでしょうか。内容に興味がある人が地球上に存在しないことを理解しながら記事を書くのは何とも複雑な気持ちだったのですが、次回からは社畜生活の悲哀を綴っていくいつも通りの内容に戻そうと思っておりますので、どうかご安心ください。

あ、、私の生活や本ブログに興味がある人も地球上に存在していないのでしたね。。もちろん理解していますとも(泣)・・・で、でも、どこかの宇宙人が実は日本語を解読でき、さらにこのブログに興味を持ってくれるという可能性だってありますからね!その僅かな可能性を信じて、これからも本ブログを継続していこうと思います。。


トレード日記 ブログランキングへ
現在106位/全273ブログ(株)
現在104位/全311ブログ(FX)
現在5位/全38ブログ(社畜日記)


FC2 Blog Rankingへ
スポンサーサイト

明日会社を辞めても食っていけるのか(完結編)

(本記事は、「明日会社を辞めても食っていけるのか④」の続きです。)

皆さん、こんにちは。
今回は記事タイトルを見ていただくと分かる通り、細々と続けてきた「明日会社を辞めても食っていけるのか」シリーズの最終回となります。まぁ優柔不断な私のことですから、舌の根の乾かぬ内に「明日会社を辞めても食っていけるのか リターンズ」とか「明日会社を辞めても食っていけるのか そして伝説へ…」などという記事が作成される可能性はゼロとは言えませんが、少なくとも現時点では、本記事で結論を書いて終わらせてしまおうと思っています。

★過去の「明日会社を辞めても食っていけるのか」シリーズの記事★
明日会社を辞めても食っていけるのか①
明日会社を辞めても食っていけるのか②
明日会社を辞めても食っていけるのか③
明日会社を辞めても食っていけるのか④



さて、さっそく本題に入りたいところなのですが、このシリーズの記事は、自分の思いを連呼しすぎてなかなか話が進まない傾向があるので、今回は最初にまとめて主張しておきましょうかね。


私 は も う 限 界 だ ーーーーー!!!
社 畜 を 辞 め さ せ ろーーーー!!!

・・・ふぅ。本ブログ史上使ったことのないサイズのフォントを使ってまで今の気持ちを吐露させていただきました。これで少し落ち着きましたので、この記事はスムーズに書けるのではないかと思います。

では無駄な前置きはこのくらいにして、本題に入りましょう。
以前の記事では社畜卒業に必要な条件(資産額)について、以下のように結論を出していました。

「通貨分散型手動トラリピ3セットが開始できれば、調子の良しあしに関わらず、生活に困らない額の不労所得が得られる、つまり、即社蓄卒業できる」と結論づけておきましょうか。・・・どうかこれ以上、下方修正することがありませんように。。
ということで、長々書いてきましたが、社畜卒業に必要な資産額のうち、「通貨分散型手動トラリピ」分は600万円×3(セット)=1,800万円となりますね。あらら、結構必要なんですねぇ・・・。


次に、「通貨分散型手動トラリピ」以外で必要な資産額について考えます。
(略)
「通貨分散型手動トラリピ」の予備資金・・・200万円
(略)
生活防衛資金・・・240万円
(略)
その他投資用資金・・・260万円(株・・・100万円、投資信託・・・100万円、IPO・・・60万円)
(略)
・・・という訳で必要な資金の算出が完了しました。ずばり、社畜卒業に必要な資金の合計額は・・・

2,500万円
となります。


つまり、社畜卒業に必要な条件は以下の2点となります。
条件1:「通貨分散型手動トラリピ」を開始していること(≒敗戦処理が完了していること)
条件2:資産総額が2,500万円に到達していること
※資産内訳 
 「通貨分散型手動トラリピ」・・・1,800万円
 「通貨分散型手動トラリピ」の予備資金・・・200万円
 生活防衛資金・・・240万円
 その他投資用資金・・・260万円(株・・・100万円、投資信託・・・100万円、IPO・・・60万円)

しかし、いきなりで申し訳ないのですが、上記の条件を一部変更したいと考えています。
「何なんだお前は!舌の根どころか舌先だって乾いていないだろ。優柔不断にも程があるぞ!」と思われたかもしれませんが、まぁ落ち着いてください。何も全面的に変更してしまおうとしている訳ではありません。一部だけですよ、一部だけ。
・・・既にこんな感じなので、今後「明日会社を辞めても食っていけるのか そして伝説へ・・・」という続編記事が作成される可能性は十分ありそうです。。

変更したいのは条件2の資産内訳です。
前回の記事でも少し触れているのですが、収入源多角化の一環として近々新しい試みとしてスワップ収入を見込んだキャリートレードを開始したいと考えているのです。
具体的には以下のように変更しようと思います、

変更前
「通貨分散型手動トラリピ」3セット 必要資産:600万円×3(セット)=1,800万円 想定月収(通常月):約75万円

変更後
「通貨分散型手動トラリピ」2セット 必要資産:600万円×2(セット)=1,200万円 想定月収(通常月):約50万円
トルコリラキャリートレード 必要資産600万円 想定月収:約22万円(※)
合計:必要資産1,800万円 想定月収:約72万円

(※)GMOクリック証券で、1トルコリラを30円でレバレッジ5倍、つまり3,000万円分(100万通貨)購入した場合。現状のスワップが維持されていると想定。

想定月収は僅かに減少していますが、収入源を増やすことによってリスクを分散させることを優先しました。
トラリピもスワップもそこまで信頼がおける訳ではありませんが、さすがに両方が同じタイミングで破綻することはない・・・と思いたい。。本当はFX以外の方法でまともな収入源を確保できればさらに良いのですが、今のところアイデアもノウハウもないので・・・。

という訳で、社畜卒業に必要な条件が確定いたしました。

条件1:「通貨分散型手動トラリピ」を開始していること(≒敗戦処理が完了していること)
条件2:資産総額が2,500万円に到達していること
※資産内訳
 「通貨分散型手動トラリピ」・・・1,200万円
 トルコリラキャリートレード・・・600万円
 FX関連の予備資金・・・200万円
 生活防衛資金・・・240万円
 その他投資用資金・・・260万円(株・・・100万円、投資信託・・・100万円、IPO・・・60万円)


今後は2020年度までに上記条件を満足させることを最終的な目標とします。進捗状況は本ブログで定期的に振り返っていきたいと思います。
もし気が変わって目標を変更する場合は、「明日会社を辞めても食っていけるのか 導かれし社畜たち」で発表・・・


次に、上記の最終目標を達成するために、年単位の目標と目標達成のための戦略を定めていきたいと思います。
条件1:「通貨分散型手動トラリピ」を開始していること(≒敗戦処理が完了していること)
⇒年間目標:トラリピ決済を年120回(月10回)のペースで進める
 戦略:今までと同様、ひたすら敗戦処理に努める


目新しい内容は特にありません。今まで通り、ただひたすら敗戦処理に努めていくしかなさそうです。
年間目標として、年120回(月10回)のトラリピ決済を挙げていますが、この記事で書いている通り、敗戦処理のためのトラリピ決済を月10回に近いペース(正確には9.4回)で進めていった場合に、ようやく2021年2月頃に敗戦処理が完了するという試算となっているため、目標を達成するためにはこのペースを死守しなければならないのです。
ちなみに2017年6月末までの決済回数はというと・・・41回(目標ペースは60回)ですか。あれれ?全然ダメじゃないか・・・。まぁもし目標を下方修正する場合は、「明日会社を辞めても食っていけるのか 空と海と大地と呪われし社畜…」で発表すればいい・・・
いきなり前途多難な感じですが、条件1に対しては上記の目標で進めていくことにします。

条件2:資産総額が2,500万円に到達していること
※資産内訳
 「通貨分散型手動トラリピ」・・・1,200万円
 トルコリラキャリートレード・・・600万円
 FX関連の予備資金・・・200万円
 生活防衛資金・・・240万円
 その他投資用資金・・・260万円(株・・・100万円、投資信託・・・100万円、IPO・・・60万円)
⇒年間目標:資産を年間35%増加させる(月間+2.5%)
 戦略:今までと同様、ひたすら不労所得獲得と蓄財に努める


こちらも目新しい内容は特にありません。今まで通り、ただひたすら不労所得獲得と蓄財に努めていくしかなさそうです。
年間目標として、資産年間35%増加(月間+2.5%)を挙げていますが、これは今年の目標で挙げている「資産総額1,000万」と同じ水準です。つまり、年末に資産総額1,000万に到達するためには、月間+2.5%を達成し続けることが必要なのですが、これを来年以降も継続した場合・・・

(年間目標)
年     目標額(年末時)
2017   10,141,863
2018   13,639,678
2019   18,343,851
2020   24,670,440
2021/3 26,567,366!!!

となり、2020年度(2021年3月)に目標である資産総額2,500万円を達成できる計算になるのです。
ちなみにこちらの目標は2017年6月末時点では概ね順調に進んでいます。
しかし、昔同じような目標を立てたような気がしたので過去記事を漁ってみたところ、衝撃的な記事を目にしてしまいました。約3年半前に書いたこの記事でも2020年までの資産目標を立てているのですが、2020年末時点の目標額が何と約2億・・・!!桁が違うわ。そもそも2017年に4,000万円に達していることになっていますからね。
この3年間で私も少しは大人になって現実が見えるようになったということなのでしょうか。しかし、たった3年間でこうも目標が変わってしまうとは、、3年後に「明日会社を辞めても食っていけるのか 幻の社畜卒業…」という記事でまたお会いしましょう。
いきなり不安要素満載な感じですが、条件2に対しても上記の目標で進めていくことにします。


最後に上記条件(主に条件2)を達成するための資金カテゴリ別の今後の戦略を書いて終わりにしたいと思います。
条件2で掲げている資産目標と現状(2017年5月末)の資産との乖離を資産カテゴリ別に確認し、それぞれどのようにしてその乖離を埋めていくか考えてみます。

通貨分散型手動トラリピ
目標1,200万円/現状423万円(進捗率35%)
トルコリラキャリートレード
目標600万円/現状0万円(進捗率0%)


<現状分析>
まずはFX口座関連の項目についてですが、現時点では通貨分散型手動トラリピを開始するための敗戦処理を進めている段階なので、トルコリラキャリートレードに振り分けている資金はありません。
通貨分散型手動トラリピに関しても、FX口座の大きな含み損が足枷となり、進捗率は今一つです。

<今後の戦略>
目新しい内容は特にありません。(くどいですね。。あまりにも目新しい内容が皆無だと、この記事の存在価値が疑われそうです。。)
今まで通り、ただひたすら敗戦処理に努めていくしかありません。敗戦処理によって含み損が軽減され、口座の評価額も改善されていくでしょうから。
そして、敗戦処理が進むにつれて口座に余裕が出来ると思うので、キャリートレードに少しづつ資金を振り分けていく予定です。

生活防衛資金
目標240万円/現状240万円(進捗率100%)
FX関連の予備資金
目標200万円/現状43万円(進捗率21%)


<現状分析>
次に生活防衛資金(いつでも使える資産)についてです。
普通預金と財形の合計額が既に生活防衛資金の目標額を超えていたので、超過分をFX関連の予備資金に振り分けています。

<今後の戦略>
目新しい内容は特にありません。(・・・。この記事、今からでも消してしまおうか。。)
今まで通り、ただひたすら不労所得獲得と蓄財に努めていくしかありません。といっても目標額との乖離はそれほど大きくないので、それほど意識して節制しなくても目標額に到達出来そうな感じではあります。

その他投資用資金
目標260万円/現状151万円(進捗率58%)
(株・・・100万円、投資信託・・・100万円、IPO・・・60万円)


<現状分析>
株、投資信託、IPOともに既に投資手法も確立(成果の有無は別にして・・・)しており、進捗率もそれなりです。

<今後の戦略>
目新しい内容は特にありません。(・・・。読者の皆様はこれ以上この無意味な記事で貴重な時間を浪費することのないよう、今すぐにブラウザを閉じられることを推奨いたします。。)
今まで通り、ルール厳守でただひたすらコツコツと積立に努めていくしかありません。
簡単に各投資カテゴリごとに見ていくと、、
投資信託は確定拠出型年金で定額を積み立てているので、何もしなくても約2年後に目標額の100万円に到達する見込みです。
株は現行ルールにおいては、既存銘柄の積立タイミングはコントロール出来ないですが、追加で狙っている優待目的の銘柄(「ANA」や「ゼンショー」等)を折をみて購入することで目標額の100万円に到達するでしょう。
IPOはそもそも抽選にまっっったく当たらないので見通しが全然立たないのですが、、2020年までに1回や2回くらいは初値売りで当たりを引けるのではないかと期待しています。あと3年もあるんだからさすがにね・・・。(この4年弱で1銘柄しか当選してませんけどね。しかも利益はたった3,000円。。)
こんな感じなので、そこまで厳しい感じもなく目標額をクリアできそうな気がしますね。

合計
目標2,500万円/現状858万円(進捗率34%)


<現状分析>
目標額2,500万円までは遥か遠い道のりだと考えていたのですが、FX関連以外は今までの延長線のような感じで進めていけば目標に到達できそうなことが分かりました。問題は資産割合の大半を占めるFXですね。
という訳で、、

<今後の戦略>
敗戦処理をひたすら頑張ります!!(最後まで目新しい内容何にもなし!!!)


やはりFX口座の敗戦処理をこれからも続けていくしかないのですね・・・。
分かってはいるのですが、敗戦処理ってなかなか辛い作業なんですよ。そもそも指値に全然刺さらないし、せっかく苦労して積立てた利益も大半が糞ポジションの損切で消えてしまう訳ですからね。これをあと3年以上続けるのか。。
まぁいいや、あまりにも辛かったら、何事もなかったかのように計画を変えてしまえばいいんだ♪その時は「明日会社を辞めても食っていけるのか 導かれし社畜たち」で発表・・・


ふぅ、内容はともかく、何とか「明日会社を辞めても食っていけるのか」シリーズを完結させることが出来ました。
やはり最初に自分の思いを吐き出しておいたおかげで、「社畜辞めたい」と連呼してしまう発作を抑えることが出来たぞ。少し自信がついたぜ。
これからも自分の感情をコントロール出来るように頑張らなければ・・・!


・・・あれ、何かおかしいぞ。
ヤバい、これは発作か?ちくしょう、抑えられない・・・!!!



私はもう限界社畜辞めたい私はもう限界社畜辞めたい私はもう限界社畜辞めたい私はもう限界社畜辞めたい私はもう限界社畜辞めたい私はもう限界社畜辞めたい私はもう限界社畜辞めたい私はもう限界社畜辞めたい私はもう限界社畜辞めたい私はもう限界社畜辞めたい私はもう限界社畜辞めたい私はもう限界社畜辞めたい私はもう限界社畜辞めたい私はもう限界社畜辞めたい私はもう限界社畜辞めたい私はもう限界社畜辞めたい私はもう限界社畜辞めたい私はもう限界社畜辞めたい私はもう限界社畜辞めたい私はもう限界社畜辞めたい私はもう限界社畜辞めたい私はもう限界社畜辞めたい私はもう限界社畜辞めたい私はもう限界社畜辞めたい私はもう限界社畜辞めたい私はもう限界社畜辞めたい私はもう限界社畜辞めたい私はもう限界社畜辞めたい私はもう限界社畜辞めたい私はもう限界社畜辞めたい私はもう限界社畜辞めたい私はもう限界社畜辞めたい私はもう限界社畜辞めたい私はもう限界社畜辞めたい私はもう限界社畜辞めたいいやっっっっっほう!!!!!!

オチまで過去記事の使いまわし、、最後まで何一つ目新しい内容がありませんでしたね。。
読者の皆さまの貴重な時間を台無しにしてしまい申し訳ありませんでした。さすがに反省しています・・・。


トレード日記 ブログランキングへ
現在92位/全267ブログ(株)
現在69位/全312ブログ(FX)
現在3位/全40ブログ(社畜日記)


FC2 Blog Rankingへ

2017年4月の取引結果(何でもないようなことが幸せだったと思う)

皆さん、こんにちはー。一気に気温が上がってきた今日この頃ですが、いかがお過ごしでしょうか。

さて、本日の記事のタイトルは「THE 虎舞竜」の「ロード」という曲の一節ですが、今の私の心情を的確に表しています。
というのもですね、先日の記事で「結構早めに家に帰れているものの、何をすればよいか分からず時間を持て余してしまう」なんてことをほざかせていただきましたが、あれから約1か月、現在の私の状況というと・・・


メチャクチャ忙しいやないか、ぼけがぁ!!

・・・すみません、取り乱してしまいました。
確かに4月までは仕事が一服した感があり、定時に帰れる日もあるくらい、それまでの激務状態からは脱していました。久しぶりにアフターファイブの存在を確認出来ましたよ。社畜にとってアフターファイブなんて都市伝説だと思ってたのですが、実在したのですね!
ただ、早く帰れて嬉しかった一方で、夜遅くまで仕事する日々にすっかり慣れてしまっていたので、アフターファイブを全く有効活用できず、先日の記事を書くに至ったという訳です。

ところが、夢はいつか覚めるもので、、5月に入ってから怒涛のように仕事がふられるようになってしまったのです。当然、残業時間は激増。5月はゴールデンウイークがあったので月間残業時間は何とか50時間台におさまっていますが、6月以降も当分仕事が落ち着く気配はないので、近々、今年初の月間残業時間60時間超えが発生しそうです。
こんな状態なので、再び、「アフターファイブ?え、何それ、おいしいの?どうせ都市伝説なんでしょ。」といった感じになっているのです。。プレミアムフライデーなんてとんでもない。
どうやら今の部署では、毎月60時間以上残業していた昨年が異常だったのではなく、残業時間が少なめだった今年4月の状態が異常だったようです・・・。

という訳で、私は今猛烈に後悔しているのです。
定時に帰れていたあの頃、なぜ貴重なアフターファイブを、うたた寝やいかがわしい動画鑑賞(何の動画かは聞かない約束ですよ、旦那。グヘヘヘ。。)なんという生産性ゼロの行為で浪費してしまったのか。。滅多に行かないところに外出してみるとか、転職活動の準備をするとか、もう少しマシな過ごし方が何かあるはずでしょうが。

当時は何とも思っていなかったけど、激務状態に戻ってしまった今ならはっきりと分かります。
「やることがない。」「この動画はたまりませんな、グヘヘヘ。。」などとぼやきながらアフターファイブをグダグダ過ごしていたあの頃は幸せだった。何でもないようなくだらない時間だったかもしれないけど、今思えばかけがえのない時間だったんだ。そして社畜を続ける限り、アフターファイブを満喫できるような夜にはもう戻れないと。

♫~何でもないようなことが幸せだったと思う
なんでもない夜のこと 二度とは戻れない夜~♫


(高橋)ジョージ、あんたのいう通りだったよ。大事なものは失ってから気づくもんなんだね。

・・・って諦めてたまるかい!社畜にとってアフターファイブが都市伝説なら、一刻も早く社畜を卒業して年がら年中アフターファイブ(?)にするまで!失ったものを悔やんで歌ってるだけのジョージとは違うのさ。
という事で、私の年がら「年中アフターファイブ計画」実現時期を大きく左右する、投資成績はどうだったのでしょうか。今回も全く違和感ない超自然な流れで取引結果の発表に移ります。

●株
日経平均ベア上場投信(1580) 10株
       -1,308円(取得単価5,510円⇒現在値5,390円)
NEXT FUNDS NOMURA 原油インデックス連動型上場投信(1699) 220口
       +4,476円(取得単価313円⇒現在値333円)

★ワン株積立投資
小松製作所(6301) 45株
       +50,197円(取得単価1,857円⇒現在値2,972円)
日産自動車(7201) 20株
       +3,529円(取得単価882円⇒現在値1,058.5円)
伊藤忠商事(8001) 40株
       +16,174円(取得単価1,172円⇒現在値1,576円)
イオン(8267) 40株
       +21,670円(取得単価1,112円⇒現在値1,653.5円)
みずほフィナンシャルグループ(8411) 800株
       +17,685円(取得単価181円⇒現在値203.6円)
※貸株金利(3月分)
         +45円

4月1週目   0勝0敗(勝率0%)
確定損益       0円
評価損益   -8,365円

4月2週目   0勝0敗(勝率0%)
確定損益     +45円
評価損益   -13,270円

4月3週目   0勝0敗(勝率0%)
確定損益       0円
評価損益   +5,558円

4月4週目   0勝0敗(勝率0%)
確定損益       0円
評価損益   +16,510円

4月合計    0勝0敗(勝率0%)
確定損益     +45円

通算     74勝61敗(勝率55%)6銘柄保有
確定損益   +43,855円
評価損益  +112,423円


●投資信託
先進国リート型 SMT グローバルREITインデックスオープン 8,340口
       +4,117円(基準価額10,834円⇒15,733円)
新興国リート型 eMAXIS 新興国REITインデックス 20,907口
       +1,264円(基準価額10,050円⇒10,655円)

4月1週目   0勝0敗(勝率0%)
確定損益       0円
評価損益    -981円

4月2週目   0勝0敗(勝率0%)
確定損益       0円
評価損益     +92円

4月3週目   0勝0敗(勝率0%)
確定損益       0円
評価損益    +393円

4月4週目   0勝0敗(勝率0%)
確定損益       0円
評価損益    +289円

4月合計    0勝0敗(勝率0%)
確定損益       0円

通算      9勝4敗(勝率69%)2商品積立中
確定損益   +8,333円
評価損益   +5,382円

4月末 DC制度積立総額:589,155円(+45,054円


●FX
4月4週目終了時点口座状況
口座残高:8,448,685円(入金額680万円
評価残高:4,148,674円
建玉  :
AUD/JPY 買:9万通貨(平均建玉レート:94.563)、売:3万通貨(平均建玉レート:79.992)
NZD/JPY 買:4万通貨(平均建玉レート:78.515)、売:3万通貨(平均建玉レート:74.985)
ZAR/JPY 買:40万通貨(平均建玉レート:10.427)
GBP/USD 買:5万通貨(平均建玉レート:1.67116)、売:4万通貨(平均建玉レート:1.26488)
証拠金維持率:490.89%

4月1週目   2勝0敗(勝率100%)
確定損益   +20,671円
評価損益  -261,483円

4月2週目   1勝0敗(勝率100%)
確定損益   +2,474円
評価損益   +74,790円

4月3週目   0勝0敗(勝率0%)
確定損益       0円
評価損益  +170,651円

4月4週目   0勝0敗(勝率0%)
確定損益       0円
評価損益   +45,964円

4月合計    3勝0敗(勝率100%)
確定損益   +23,145円

通算    507勝108敗(勝率82%)
確定損益 +1,054,871円
評価損益 -4,300,011円


●IPO(ブックビルディング)
取引なし

4月合計    0勝0敗(勝率0%、当選率0%)
確定損益       0円

通算      1勝0敗(勝率100%、当選率1%)
確定損益   +2,995円


●ポイントサイト/アフィリエイト
4月1週目
確定損益     +20円

4月2週目
確定損益     +32円

4月3週目
確定損益     +30円

4月4週目
確定損益     +27円

4月合計
確定損益    +114円

通算
確定損益   +11,957円


●合計
4月1週目
確定損益   +20,691円
評価損益  -270,829円

4月2週目
確定損益   +2,551円
評価損益   +61,612円

4月3週目
確定損益     +30円
評価損益  +176,602円

4月4週目
確定損益     +27円
評価損益   +62,763円

4月合計
確定損益   +23,304円

通算
確定損益 +1,122,011円
評価損益 -4,182,206円


●資産総額
8,406,270円(+2.6%(※)
(※)先月末比
by 投資信託のガイド:ポートフォリオグラフメーカー



4月はトラリピ決済回数3回ですか、、


メチャクチャ少ないやないか、ぼけがぁ!!

・・・すみません、取り乱してしまいました。
でも、敗戦処理を2020年度中に完了させるという目標を掲げているのですが、今までの実績から月間決済回数が9.4回程度あると見込んで立てているんですよね。それなのにたった3回って。。
さらには、前回の記事で、社畜卒業の条件を「『通貨分散型手動トラリピ』が3セット稼働できる資産を有すること」とかなり下方修正したのですが、決済回数がたった3回だといくら3セット稼働したとしても予想利益は僅か12万円程度にしかならないんですよね。。
こんな体たらくでは少しくらい取り乱したとしてもおかしくないでしょうよ!
やはり、(今年はまだ3月しか達成していないですが)何とかトラリピ決済回数月間10回は死守したいですね。さもないと社畜卒業時期がさらに後ろ倒しになってしまいます。2020年度でもかなり辛いのに・・・。ジョージ、俺は一体いつまでアフターファイブがない状態で過ごさなければならないんだい。

次に資産総額についてですが、今月は先月比+2.6%と目標である+2.5%を何とか達成出来ました。
敗戦処理の進捗と違ってこちらは概ね順調ですね。FX口座の評価損益が徐々に改善されていることと、認めたくはないですが、社畜への餌とでもいうべき給与の存在が大きいですね。残念ながら、投資で生活費を賄えていない現状では、いくら辛くても社畜活動を安易に辞める訳にはいかないということなのでしょう。。

それから、近々新しい試みとしてスワップ収入を見込んだキャリートレードを開始したいと考えています。
コメントでご指摘いただいたということもありますし(honeybucketさん、ありがとうございます!)、前回の記事を書くにあたってあまりにも収入源を『通貨分散型手動トラリピ』だけに依存しているなという思いもありましたので、収入源多角化の一環として挑戦してみようかと思います。
対象ペアはちょうど私の主力口座であるGMOクリック証券で新しく取引出来るようになったトルコリラか、お馴染みの南アフリカランドのどちらか(もしくは両方)にしようかと考えています。敗戦処理が進んでいくにつれて口座に余裕が出来ると思うので、ポンドドル1万通貨の敗戦処理完了ごとに少しづつ資金を振り分けていく予定です。本当は口座を分けたほうがいいのかもしれませんが、口座開設がなかなか面倒なので、しばらくは同じ口座内でトラリピとキャリーを並行稼働させることになりそうです。

4月は他には特に特筆すべき点はありませんでしたかね。うーん、株やIPOあたりで少しくらい動きがあってほしいんですけどね。ここ数ヶ月は売買自体が全くない状態となっています。トラリピといいキャリートレードといい、FX完全依存からはなかなか脱することはできないですね。ジョージといいキャリーといい相変わらずこのブログには謎の外国人名がたびたび登場してきますね。。


さて、今日は土曜日ですが、つかの間の休日を終えるとまたアフターファイブすらない激務の社畜生活が始まってしまいます。。

メチャクチャ辛いやないか、ぼけがぁ。。(泣)

・・・すみません、またもや取り乱してしまいました。。しくしく(/_;)
ただ、今は社畜活動が辛くて仕方がないのですが、前述した通り、社畜活動によって安定した給料がもらえているという事実もあります。もしかしたら、晴れて社畜を卒業し、社畜という身分を失ったあとになって、あの時は幸せだったと振り返ることがあるのでしそれは絶対にないですね!!
というより、そのような思考にならないように、今の間に十分な資金と収入源を確保し、社畜卒業後に有り余る時間を決して無駄にしないよう充実した毎日を送れるようにしていきたいものです。
ジョージ、あんたがいくら止めようとも、俺は社畜卒業を成し遂げてみせるぜ。

・・・この記事を書くにあたって初めて知ったんですけど、ロードって第十三章まであるんですね。
ジョージ、さすがにそれはやりすぎだぜ。。

★★★★★2017年 年間目標達成状況★★★★★
参考:2017年年間目標
4月達成状況:0点

年間達成状況:0点
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


トレード日記 ブログランキングへ
現在121位/全271ブログ(株)
現在95位/全316ブログ(FX)
現在3位/全38ブログ(社畜日記)


FC2 Blog Rankingへ

明日会社を辞めても食っていけるのか④

(本記事は、「明日会社を辞めても食っていけるのか③」の続きです。)

皆さん、こんにち・・・私はもう限界です!!もうホントに限界!
社畜辞めたい社畜辞めたい社畜辞めたい社畜辞めたい社畜辞めたい社畜辞めたい社畜辞めたい社畜辞めたい社畜辞めたい社畜辞めたい社畜辞めたい社畜辞めたい社畜辞めたい社畜辞めたい社畜辞めたい社畜辞めたい社畜辞めたい社畜辞めたい社畜辞めたい社畜辞めたい社畜辞めたい社畜辞めたい社畜辞めたいーーーーー!!!!

このように社畜辞めたい辞めたいと本ブログでグダグダ言い続けてもう早4年半。残念ながら、今のところ全く辞められそうな気配がありません。しかしもう私は本当に限界なのです、耐えられない!一体いつになったら社畜辞められるんですか!!

この答えとして、私は過去の記事で以下のように書いています。

結果を見るのが怖いのですが、通貨ペアの現行レートとの乖離状況を加味して、もう一度、敗戦処理の完了時期を計算してみると・・・

(19.9 × 7 + 31.5 × 4 + 44.6 × 5 ) ÷ 9.4 ≒ 51.99(ヶ月)・・・

つまり今から約51.99ヶ月後となるので、、大体2021年2月頃となります。


・・・なんだって?!?!


・・・これは衝撃的でしたね。その気になればいつでも会社辞めても生きていけると思っていたのに、実は後数年も働かなければならない事が分かったのですから。2021年って何年後だよ、話が違うよ(泣)もう私はとっくに限界に達しているというのに・・・もうホントに限界!
社畜辞めたい社畜辞めたい社畜辞めた・・・いやいや、今更こんなことを連呼するために本記事を書いた訳ではないんだった。
これまでは「敗戦処理の完了=社畜卒業」という前提で社畜卒業可能時期を算出していたのですが、今年から年間目標に資産総額の項目(2017年末時点で資産総額1000万円到達)を復活させたので、資産額の観点からも社畜卒業可能時期を算出してみたいと思っているのです。


早速本題に入ります。そもそもどの程度の資産があれば、社畜卒業が可能なのでしょうか。
まず、私が採用している「通貨分散型手動トラリピ」に必要な資金は1セット(NZD/JPY、ZAR/JPY、GBP/USD、EUR/USD 売買 1万通貨×6本)につき600万円です。※ZAR/JPYは10万通貨
もちろん必要資金はルール(レバレッジ)次第で全然変わってくるのですが、私は過去に為替レートの急変に耐えられず爆損をこうむった痛い経験があるので、あまり高レバにならないように気を付けています。ちなみに、全注文が指値にささったとしても保有ポジションは約2,400万程度なので、資金を600万円用意すると、含み損を全く考慮しない場合のレバレッジを約4倍に抑えることが出来ます。

では、資産を600万円用意して「通貨分散型手動トラリピ」が開始できれば社畜卒業出来るのかというと、残念ながらそういう訳にはいかなさそうです。
なぜなら、資産600万円で開始できるのは「通貨分散型手動トラリピ」1セット、、、そう、「通貨分散型手動トラリピ」1セットだけでは社畜卒業後の生活費を十分に賄うことが難しいのではないかと考えられるからです。

実は過去の記事で、現行の実績から、敗戦処理が完了し「通貨分散型手動トラリピ」が100%稼働した場合の想定収入を計算したことがあります。

<トラリピ予想利益>

(略)

合計:約245万円
月平均:約41万円


この結果をみて皆さんはどのように感じられたでしょうか?
多くの読者の方が、「それより、卓球の石川佳純は可愛い・・・」おい、オリンピックなんて見てる場合じゃねーぜ、すぐにでも社畜卒業できるって事じゃないか!!ヒャッハー

・・・すみません、取り乱してしまいました。
個人的には、思ったよりも大きな額だったのですごく希望が持てる結果となりました。ばらつきはあるものの平均すると月40万円ですからね。普通に生活する分には十分な収入だと思います。
この結果からも、「通貨分散型手動トラリピが開始できれば、生活に困らない額の不労所得が得られる、つまり、即社蓄卒業できる」と結論づけることが出来ると考えています。


・・・これもある意味、衝撃的な内容ですね。。読者の皆様も気持ち悪いくらいのテンションの高さ想定収入の高さに衝撃を受けられたことでしょう。ずいぶん景気の良い話です。
もちろん、上記の想定通りの収入が確保できるのであれば、資産600万円で「通貨分散型手動トラリピ」1セットを開始し即社畜卒業で問題ないのですが、皆様もご存じの通り、最近「通貨分散型手動トラリピ」は調子がすこぶる悪いのです。。今思えば、想定収入の算出に使用した期間(2016年2月~7月)がたまたま調子が良かったのでしょうね。。

ということで、こちらの記事でも少し書いているのですが、2016年8月以降の実績を基にした「通貨分散型手動トラリピ」100%稼働時の想定収入を算出してみましょうかね。

2016年8月
予想利益:約17万円
※トラリピ決済回数5回
※トラリピ機能範囲22.9%(AUD/JPY 買50%、NZD/JPY 買83% 売50%)
※リスク率0.8
⇒完全機能時決済回数(換算):約17回

2016年9月
予想利益:約17万円
※トラリピ決済回数5回
※トラリピ機能範囲22.9%(AUD/JPY 買50%、NZD/JPY 買83% 売50%)
※リスク率0.8
⇒完全機能時決済回数(換算):約17回

2016年10月
予想利益:約16万円
※トラリピ決済回数6回
※トラリピ機能範囲29.1%(AUD/JPY 買50%売50%、NZD/JPY 買83% 売50%)
※リスク率0.8
⇒完全機能時決済回数(換算):約16回

2016年11月
予想利益:約21万円
※トラリピ決済回数14回
※トラリピ機能範囲54.1%(AUD/JPY 買50%売100%、NZD/JPY 買100% 売100%、GBP/USD 売83%)
※リスク率0.8
⇒完全機能時決済回数(換算):約21回

2016年12月
予想利益:約4万円
※トラリピ決済回数3回
※トラリピ機能範囲54.1%(AUD/JPY 買50%売100%、NZD/JPY 買100% 売100%、GBP/USD 売83%)
※リスク率0.8
⇒完全機能時決済回数(換算):約4回

2017年1月
予想利益:約6万円
※トラリピ決済回数4回
※トラリピ機能範囲54.1%(AUD/JPY 買50%売100%、NZD/JPY 買100% 売100%、GBP/USD 売83%)
※リスク率0.8
⇒完全機能時決済回数(換算):約6回

2017年2月
予想利益:約6万円
※トラリピ決済回数4回
※トラリピ機能範囲54.1%(AUD/JPY 買50%売100%、NZD/JPY 買100% 売100%、GBP/USD 売83%)
※リスク率0.8
⇒完全機能時決済回数(換算):約6回

2017年3月
予想利益:約15万円
※トラリピ決済回数10回
※トラリピ機能範囲54.1%(AUD/JPY 買50%売100%、NZD/JPY 買100% 売100%、GBP/USD 売83%)
※リスク率0.8
⇒完全機能時決済回数(換算):約15回

2017年4月
予想利益:約4万円
※トラリピ決済回数3回
※トラリピ機能範囲54.1%(AUD/JPY 買50%売100%、NZD/JPY 買100% 売100%、GBP/USD 売83%)
※リスク率0.8
⇒完全機能時決済回数(換算):約4回

・・・まだ必要でしょうか?
結論は火を見るより明らかですね。こんなんじゃ生活できねぇよ。
期間全体では、合計(15ヶ月):約370万円、月平均:約25万円ですが、一気に敗戦処理のペースが鈍化した今年に限ると合計(4ヶ月):約31万円、月平均:約8万円まで落ち込んでしまいます。いやいやいや、話が違うだろ!家賃すら払えるか怪しいわ。

こんな体たらくなので、私は考えを改めざるを得ませんでした。
社畜卒業のためには「通貨分散型手動トラリピ」1セットではまるで足らない。とは言え、残念ながら無能な私には他に金を稼ぐ方法は見つけられないだろう・・・。こうなったら「通貨分散型手動トラリピ」のセット数(要は1ポジションあたりの通貨量)を増やすしかない。。

セット数を増やした場合の収入をシミュレーションしてみると・・・

「通貨分散型手動トラリピ」1セット(1ポジション1万通貨)
⇒月平均 好調時:約41万円 通常時:約25万円 不調時:約8万円
「通貨分散型手動トラリピ」2セット(1ポジション2万通貨)
⇒月平均 好調時:約82万円 通常時:約50万円 不調時:約16万円
「通貨分散型手動トラリピ」3セット(1ポジション3万通貨)
⇒月平均 好調時:約123万円 通常時:約75万円 不調時:約24万円
※好調時:2016年2月~7月の平均 通常時:2016年2月~2017年4月の平均 不調時:2017年1月~4月の平均

この結果をみて皆さんはどのように感じられたでしょうか?
多くの読者の方が、「セット数に比例して収入が増えるなんて楽観的すぎる・・・」おい、「通貨分散型手動トラリピ」3セット開始すれば、社畜卒業どころか大金持ちじゃないか!!ヒャッハー
・・・すみません、取り乱してしまいました。

一見すごい話のように思えるかもしれませんが、「通貨分散型手動トラリピ」の収入が当初想定の1/3にとどまりそうなのでポジションが3倍必要になった、つまり大幅な下方修正を強いられているだけなんですよね。。
まぁ、「通貨分散型手動トラリピ3セットが開始できれば、調子の良しあしに関わらず、生活に困らない額の不労所得が得られる、つまり、即社蓄卒業できる」と結論づけておきましょうか。・・・どうかこれ以上、下方修正することがありませんように。。
ということで、長々書いてきましたが、社畜卒業に必要な資産額のうち、「通貨分散型手動トラリピ」分は600万円×3(セット)=1,800万円となりますね。あらら、結構必要なんですねぇ・・・。


次に、「通貨分散型手動トラリピ」以外で必要な資産額について考えます。「通貨分散型手動トラリピ」に全資産を集中させ命運をともにする・・・なんていうロックな生き方には憧れますが、さすがにリスクが高すぎますから・・・。

「通貨分散型手動トラリピ」の予備資金・・・200万円
万が一、FX口座が壊滅的な状況になった際に入金するためのお金です。
運用額1,800万円に対して、200万円では少なすぎるような気がしますが、上述の通り、そもそもFX口座が壊滅的な状況にならないように「通貨分散型手動トラリピ」のレバレッジを低めに設定するという対処を行っている訳です。その上、さらに予備資金を大量に用意するのは無駄な気がするんですよね。
なお、これはあくまで社畜卒業時点の金額ですので、トラリピの収入等で余剰金が発生した場合は、優先的に予備資金の補強にまわすことで、更にリスクを減らしていきたいと考えています。

生活防衛資金・・・240万円
日常生活で利用する用途+万が一の事態(病気、事故、大規模災害等)が起こったときのためのお金です。生活費1年分(1か月20万とする)を目安に240万円としました。
上記の予備資金とは異なり、生活防衛資金については投資資金等にまわさず、現金化しやすい普通預金などに確保しておくことになります。

その他投資用資金・・・260万円(株・・・100万円、投資信託・・・100万円、IPO・・・60万円)
文字通り、FX以外の投資に使用するためのお金です。
FX資金と比較するとあまりにも少額なので、分散投資としては十分に機能しないのではと思われるかもしれません。
しかし、これまでの投資成績から明らかなように、FX以外の投資ではまともに利益を上げることが出来てないんですよね。役に立つかよく分からないものの資金を準備するために社畜卒業時期を遅らせるのも馬鹿しいと思いますので、割り当てる資金を少なめに見積もってみました。


・・・という訳で必要な資金の算出が完了しました。ずばり、社畜卒業に必要な資金の合計額は・・・

2,500万円
となります。

この結果をみて皆さんはどのように感じられたでしょうか?
多くの読者の方が、「そんなことより、気温もあがってもう夏みたいな天候・・・」おい、天候なんて気にしてる場合じゃねーぜ、まだまだ資金が足りないじゃねーか、一体いつになったら社畜卒業できるんだよ!!ヒャッハー

・・・すみません、またやってしまいました。予想以上の必要資金額の多さに壊れてしまったようです。。
確かに3月末時点の資産額は約820万円ですから、現時点では社畜卒業に必要な資産額の僅か3分の1程度を有しているにすぎません。いつになったら2,500万もの大金を手にすることが出来るのか、社畜卒業を果たすことが出来るのか、不安になってもおかしくないかもしれません。
まぁ、本ブログ初期には資産総額2億達成を社畜卒業の条件に設定してましたので、その頃と比べると大分現実的な額になっているんですけどね。

ともあれ、次回の記事では、社畜卒業に必要な資金2,500万円を手にするために、資金カテゴリ別の今後の戦略や年間目標を定めたいと思います。何度も述べている通り、私はもう限界なので、少なくとも、2021年よりも社畜卒業可能時期がさらに後ろ倒しになる・・・なんてことがないような目標としたいところです。。


・・・ああ、こんな駄文を書き散らかしているうちに、もう日曜日が半分以上終わってしまった。。明日からはまた社畜としての地獄の日々が始まってしまう。。・・・もうホントに限界!
社畜辞めたい社畜辞めたい社畜辞めたい社畜辞めたい社畜辞めたい社畜辞めたい社畜辞めたい社畜辞めたい社畜辞めたい社畜辞めたい社畜辞めたい社畜辞めたい社畜辞めたい社畜辞めたい社畜辞めたい社畜辞めたい社畜辞めたい社畜辞めたい社畜辞めたい社畜辞めたい社畜辞めたいヒャッハーーーーー!!!!Oh、Yeahhhhhhhh!!!!

・・・どうやら筆者は完全に壊れてしまったようです。。
皆さま、私などにかまわず、充実した休日をお過ごしください。

(「明日会社を辞めても食っていけるのか(完結編)」に続きます。)


トレード日記 ブログランキングへ
現在82位/全263ブログ(株)
現在69位/全310ブログ(FX)
現在3位/全37ブログ(社畜日記)


FC2 Blog Rankingへ

2017年3月の取引結果(空虚なアフターファイブ)

皆さん、こんにちはー。いかがお過ごしでしょうか。

さて、さっそく恒例の「最近の社畜生活」のコーナーを始めますよ。
こう聞くと、どうせいつも通り、「時間外が多い、激務だー。」と嘆くだけなんだろ、と思われるかもしれません。
しかし、実は最近は少し変化がありまして、、これまでの激務状態とはうって変わって、結構早めに家に帰れているんですよ。
今年に入ってからは、去年まで当たり前だった月間60時間以上の時間外は1度も発生していませんし、4月前半に至ってはほとんど残業がないというレベルにまでなっています。

久々の残業のない生活、早い日には6時台に家に着きゆっくりとアフターファイブを過ごす・・・今の状態はずっと私が望んでいたものかもしれません。しかし、このような日々を過ごしているうちに、私はあることに気づいてしまったのです。


残業なんてなくても社畜はしんどい・・・。

そう、いくら残業がなくても、満員電車に揺られ、くだらない仕事をさせられ、客や同僚に馬鹿にされる日々を週5回も過ごしていれば、それだけで十分しんどいのです。朝起きると会社に行くのが嫌過ぎて絶望的な気分になりますし、仕事を終えると自分でも驚くほど心身ともに疲弊しています。
ただ、日本で社畜を続ける限り、これ以上の勤務時間の短縮は叶うことはないでしょう。週休3日制とか、長期バカンスの導入なんてありえないですもんねぇ。それどころか、いつ地獄の激務状態に戻ってしまうか分かりません。運よく定時で帰れている今の状態でも苦痛で仕方ないと感じるくらいですから、私に社畜は務まらないということになるのでしょうね。うむ、やはり一刻も早く社畜を卒業するしかない・・・!

そして、もう一つ気づいたことがあります。

アフターファイブの過ごし方が分からない・・・。

そう、いくら早く仕事が終わっても、何をすればよいか分からず時間を持て余してしまうのです。これは、長年の社畜生活に毒され、家に着いたら後は寝るだけという状態に慣れてしまっているからでしょうね。それに、さっきも書いたけど疲れているのよ、私は。仕事終わりに何かしようとは思えないのです。
結局、最近ハマっている大河ドラマの鑑賞や日課の動画鑑賞(何の動画かは聞かない約束ですよ、旦那。グヘヘヘ。。)が出来ればまだ良い方、いつの間にか寝てしまって気づいたら朝になっているなんて日もありました。
たった数時間すら持て余しているようでは社畜卒業を果たしても暇すぎて耐えられないんじゃないか、と指摘されてしまいそうですが、心配ご無用です。やはり社畜の身では、心身ともに疲弊していること、翌日の仕事のことを考えて憂鬱な気持ちになっていることが、時間を有効に活用出来ていない理由として大きい気がするのです。これらの問題は社畜卒業後は解消するでしょうから、社畜を卒業したら思いっきり自由な時間を満喫してやるんだ。うむ、やはり一刻も早く社畜を卒業するしかない・・・!

という訳で、少しくらい残業が少なくなっても、私の早期リタイヤ願望は変化はなさそうです。私の社畜卒業への思いはそんなにやわなものではないのだ!
もちろん、社畜である以上、残業が少ない状態は歓迎なので、4月後半以降も出来るだけこの調子を継続してもらいたいものです。継続してもらいたかったのですが・・・(ヒント:本記事執筆日は4月23日です。)


結局、本記事の結論としては、これ以上社畜を続けるのは耐えられそうにない(いつも同じ結論ですが)という事になりますね。
実は最近、優秀な後輩が精神的な問題で長期休暇に突入してしまいました。そして、理由は様々なのですが、この後輩を含め、私の所属する担当のチームだけで4人が休みがちになっています。約10人のチームのうちの4人ですから、明らかに異常な割合です。私だっていつ出勤出来ない状態になるか分かりません。やはり、一刻も早く社畜を卒業するしかない・・・!!
という事で、私の社畜卒業時期を大きく左右する、投資成績はどうだったのでしょうか。今回も全く違和感ない超自然な流れで取引結果の発表に移ります。


●株
日経平均ベア上場投信(1580) 10株
        -408円(取得単価5,510円⇒現在値5,480円)
NEXT FUNDS NOMURA 原油インデックス連動型上場投信(1699) 220口
       +6,676円(取得単価313円⇒現在値343円)

★ワン株積立投資
小松製作所(6301) 45株
       +47,025円(取得単価1,857円⇒現在値2,901.5円)
日産自動車(7201) 20株
       +3,829円(取得単価882円⇒現在値1,073.5円)
伊藤忠商事(8001) 40株
       +16,334円(取得単価1,172円⇒現在値1,580円)
イオン(8267) 40株
       +20,530円(取得単価1,112円⇒現在値1,625円)
みずほフィナンシャルグループ(8411) 800株
       +18,005円(取得単価181円⇒現在値204円)
※貸株金利(2月分)
         +40円

3月1週目   0勝0敗(勝率0%)
確定損益       0円
評価損益   +4,480円

3月2週目   0勝0敗(勝率0%)
確定損益     +40円
評価損益    +538円

3月3週目   0勝0敗(勝率0%)
確定損益       0円
評価損益    -630円

3月4週目   0勝0敗(勝率0%)
確定損益       0円
評価損益   -7,548円

3月5週目   0勝0敗(勝率0%)
確定損益       0円
評価損益   -6,115円

3月合計    0勝0敗(勝率0%)
確定損益     +40円

通算     74勝61敗(勝率55%)6銘柄保有
確定損益   +43,810円
評価損益  +111,990円


●投資信託
先進国リート型 SMT グローバルREITインデックスオープン 8,340口
       +3,919円(基準価額10,834円⇒15,495円)
新興国リート型 eMAXIS 新興国REITインデックス 20,907口
       +1,670円(基準価額10,050円⇒10,849円)

3月1週目   0勝0敗(勝率0%)
確定損益       0円
評価損益     -62円

3月2週目   0勝0敗(勝率0%)
確定損益       0円
評価損益    -164円

3月3週目   0勝0敗(勝率0%)
確定損益       0円
評価損益   +1,054円

3月4週目   0勝0敗(勝率0%)
確定損益       0円
評価損益    -311円

3月5週目   0勝0敗(勝率0%)
確定損益       0円
評価損益    -659円

3月合計    0勝0敗(勝率0%)
確定損益       0円

通算      9勝4敗(勝率69%)2商品積立中
確定損益   +8,333円
評価損益   +5,589円

3月末 DC制度積立総額:569,471円(+40,370円


●FX
3月5週目終了時点口座状況
口座残高:8,392,539円(入金額680万円
評価残高:4,062,606円
建玉  :
AUD/JPY 買:8万通貨(平均建玉レート:95.883)、売:4万通貨(平均建玉レート:81.242)
NZD/JPY 買:3万通貨(平均建玉レート:79.015)、売:4万通貨(平均建玉レート:75.485)
ZAR/JPY 買:40万通貨(平均建玉レート:10.427)、買:5万通貨(平均建玉レート:1.67116)
GBP/USD 売:1万通貨(平均建玉レート:1.24988)
証拠金維持率:502.02%

3月1週目   1勝1敗(勝率50%)
確定損益   -73,708円
評価損益   +10,136円

3月2週目   3勝0敗(勝率100%)
確定損益   +29,189円
評価損益   -84,285円

3月3週目   0勝0敗(勝率0%)
確定損益       0円
評価損益  +251,697円

3月4週目   2勝0敗(勝率100%)
確定損益   +16,757円
評価損益   +84,133円

3月5週目   4勝0敗(勝率100%)
確定損益   +38,167円
評価損益  -220,429円

3月合計    10勝1敗(勝率91%)
確定損益   +10,405円

通算    504勝108敗(勝率82%)
確定損益 +1,031,726円
評価損益 -4,329,933円


●IPO(ブックビルディング)
ほぼ日・・・落選
インターネットインフィニティー・・・落選
オロ・・・落選
テモナ・・・落選

3月合計    0勝0敗(勝率0%、当選率0%)
確定損益       0円

通算      1勝0敗(勝率100%、当選率1%)
確定損益   +2,995円


●ポイントサイト/アフィリエイト
3月1週目
確定損益     +25円

3月2週目
確定損益     +24円

3月3週目
確定損益     +24円

3月4週目
確定損益     +27円

3月5週目
確定損益     +25円

3月合計
確定損益    +115円

通算
確定損益   +11,848円


●合計
3月1週目
確定損益   -73,683円
評価損益   +14,554円

3月2週目
確定損益   +29,253円
評価損益   -83,911円

3月3週目
確定損益     +24円
評価損益  +252,121円

3月4週目
確定損益   +16,784円
評価損益   +76,274円

3月5週目
確定損益   +38,192円
評価損益  -227,203円

3月合計
確定損益   +10,560円

通算
確定損益 +1,098,712円
評価損益 -4,212,354円


●資産総額
8,196,542円(+4.5%(※)
(※)先月末比
by 投資信託のガイド:ポートフォリオグラフメーカー



目標であった月間トラリピ決済10回を達成した上、NZD/JPYの敗戦処理にも成功、それでいて月間確定損益はプラスと久々に満足のいく結果となりました。
3月の1か月間でうまい具合にNZD/JPY、AUD/JPYが円高に進み、両通貨ともにトラリピ範囲に戻って来てくれたために、良い結果につながったんでしょうね。4月以降も出来るだけこの調子を継続してもらいたいものです。継続してもらいたかったのですが・・・(ヒント:本記事執筆日は4月23日です。)
何はともあれ、ようやくNZD/JPYの敗戦処理が完了し、私のFX口座の癌となっているGBP/USDの敗戦処理に取り掛かることが出来るようになったので、久々に社畜卒業に向けて進展したことが実感できる月となりました。

次に資産総額についても触れておきましょう。
今月は先月比+4.5%と目標である+2.5%を大きく上回る好調な結果となりました。要因はふるさと納税やキャンセルした旅行代金の返金があったこと、FXの評価損益改善によりFX口座の残高が増えたこと等が挙げられます。
ただし、先月比+2.5%という目標はあくまで「2017年末に資産額1,000万円以上達成」という年間目標から逆算したものにすぎません。そもそも1,000万円という数値も単にキリがいいから設定しただけで、社畜卒業というゴールを見据えたものではないんですよね。早いうちに、社畜卒業を実現するために必要な資産額を算出し、それを基に長期的な目標を立てる必要があると感じています。


よし、ようやくブログの更新も終わったぜ。今日は日曜日だし、休日を満喫するぞー。
とは言っても、何をしようか、、アフターファイブだけでなく休日の過ごし方も分からないぞ。大河ドラマは昨日嫌と言うほど見てしまったし・・・。
やはり日課の動画鑑賞でもするか、、何の動画かって?それはまぁ良いじゃないですか、旦那。グヘヘヘ。。

・・・社畜卒業を果たしても、大河ドラマと怪しい動画の鑑賞だけで時間を使ってしまいそうで怖いですね。。俺の人生、果たしてこれで良いのだろうか。。

★★★★★2017年 年間目標達成状況★★★★★
参考:2017年年間目標
3月達成状況:0点

年間達成状況:0点
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


トレード日記 ブログランキングへ
現在114位/全259ブログ(株)
現在111位/全321ブログ(FX)
現在5位/全41ブログ(社畜日記)


FC2 Blog Rankingへ
プロフィール
Author:bagtrade(ばぐトレ)
ご訪問いただきありがとうございます!
2020年度までに社畜生活からの卒業を目指しているしがないSEです。生活のためだけに続けている仕事なんてやめて、趣味と夢のためだけに生活し、一度しかない人生を最高のものにしたいと思っています!!
どうか皆様、よろしくお願いいたします!!
●リンク、コメント、拍手・・・何でもフリーダムです!!●
●投資手法はこちらの記事を参照してください●
このようなことを目標にしています●
●現在の株ポートフォリオです●
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
これまでの不労所得結果
手数料は考慮していますが、それ以外の経費(税金等)は未考慮です。
2012年
06月   +1,737円
07月   +7,932円 
08月   +4,782円
09月   +1,067円
10月   +7,403円
11月   -24,347円
12月   +2,779円

2013年  +702,813円
1月   +43,839円
2月   +56,632円
3月   +40,357円
4月   +83,386円
5月   +62,950円
6月   +45,283円
7月   +32,007円
8月   +27,209円
9月   +40,740円
10月   +45,778円
11月   +56,357円
12月  +168,275円

2014年 +1,625,240円
1月   +92,665円
2月   +99,132円
3月   +143,958円
4月   +78,589円
5月   +114,262円
6月   +136,426円
7月   +90,483円
8月   +157,032円
9月   +103,156円
10月  +270,120円
11月   +85,775円
12月  +253,642円

2015年  -964,978円
1月   +41,750円
2月   +47,688円
3月   +30,830円
4月   +119,172円
5月   +20,623円
6月   +38,371円
7月     +224円
8月  -1,031,939円
9月   -318,632円
10月   +26,937円
11月   +39,354円
12月   +20,644円

2016年  -355,444円
1月   -768,402円
2月   +83,930円
3月   -63,227円
4月   +61,494円
5月   +19,979円
6月   +114,483円
7月   +68,095円
8月   +50,611円
9月   +46,198円
10月   -81,276円
11月   +61,707円
12月   +50,964円

2017年
1月   +39,545円
2月   +38,679円
3月   +10,560円
4月   +23,304円
アクセスカウンター
リンク
ブログランキング
ブログランキングに登録してみました!

FC2Blog Ranking



不労所得で社畜卒業だ!その1
お小遣いサイトモッピーに登録して一緒に社畜卒業しましょう!!
モッピー!お金がたまるポイントサイト
不労所得で社畜卒業だ!その2
PVだけで報酬がもらえます!!
買い物は便利なビックカメラ & 楽天で!
ビックカメラ.com

楽天市場
ブログ内人気記事ランキング
アクセス数が多かった記事のランキングです。 (直近1か月以内)
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログパーツ